14. 10周年特別企画
シクロケムの「科学」を紹介
 
第1回
食品・化粧品分野におけるシクロデキストリン(CD)研究
【前編】【後編】
第2回
繊維やフィルムなどシクロデキストリン(CD)の可能性を広げる研究
【前編】【後編】
第3回
シクロケム、これまでの10年とこれからの10年
【前編】【後編】
13. スーパービタミンE“トコトリエノール”の可能性
 
  矢野 友啓さん
東洋大学生命科学部食環境科学科教授・薬学博士
12. 抗がんサプリメントとシクロデキストリン
 
  福田 一典さん
銀座東京クリニック院長
11. 高分子微粒子とシクロデキストリンの関係
 
  川口 春馬さん
神奈川大学工学部特任教授・慶応義塾大学名誉教授・工学博士
10. 補完代替医療(健康食品)の現況と今後
  大野 智さん
  大野 智さん
東京女子医科大学国際統合医科学インスティテュート特任准教授・医学博士
09. マヌカハニーとシクロデキストリンの相乗効果
 
  ゲーハート・シュミットさん
トーマス・ヘンレさん
ケリー・ポールさん
08. 植物のニオイとシクロデキストリン
  西村 弘行さん
  西村 弘行さん
東海大学副学長
(北海道キャンパス担当)
07. ニュージーランド産「プロポリス」とNF(神経線維腫症)治療効果
  丸田 浩さん
  丸田 浩さん
NPO「NF CURE Japan」
理事・薬学博士
06. 高分子とシクロデキストリンの遭遇
  椿本 恒雄さん
  椿本 恒雄さん
元・日宝化学(株)
取締役社長
05. 農学とシクロデキストリンの接点
  平田 豊さん
  平田 豊さん
東京農工大学農学府
教授・農学博士
04. マヌカハニーとその抗菌物質MGO(食物メチルグリオキサール)
  ケリー・ポールさん
  ケリー・ポールさん
マヌカヘルス
ニュージーランド(株)
CEO
03. α、β、γ、各種シクロデキストリンの選択的製造を可能に
  ゲーハート・シュミットさん
  ゲーハート・シュミットさん
ワッカーケミー社
ミュンヘン本社
ファインケミカル部門社長 生物学博士
02. シクロデキストリンとともに歩んで。その道程と現況
  小宮山 真さん
  小宮山 真さん
東京大学 先端科学技術研究センター
教授・工学博士
01. サプリメントの現代事情とシクロデキストリン
  堀 美智子さん
  堀 美智子さん
医療情報研究所
(株)エス・アイ・シー
取締役
医薬情報部門責任者

サイエンストーク 科学の現場

10周年特別企画 シクロケムの「科学」を紹介(全3回) 第3回【後編】シクロケム、これまでの10年とこれからの10年

シクロケムについての座談会の後編では、毎年恒例の社内イベントや社員旅行など、和気あいあいとした職場環境も紹介。一人ひとりの研究者が研究活動に注力しつつ、研究者同士が繋がり、互いに影響を与え合いながら成長できる。シクロデキストリン(CD)を中心とした応用研究の原動力が、こうした職場環境にあるのだと分かります。最後には、これからのシクロケムが目指す方向性について話し合い、「シクロデキストリンの応用研究で世界No.1になる」という目標が明らかになりました。


(株)シクロケム代表取締役 工学博士 寺尾啓二
'86年京都大学大学院工学研究科博士課程修了。京都大学工学博士号取得。専門は有機合成化学。ドイツ ワッカーケミー社ミュンヘン本社、ワッカーケミカルズイーストアジア(株)勤務を経て、'02年(株)シクロケム設立、代表取締役に就任。東京農工大学客員教授、日本シクロデキストリン学会理事、日本シクロデキストリン工業会副会長などを兼任。'12年から神戸大学医学部客員教授と神戸女子大学健康福祉学部客員教授を兼任。趣味はテニス。

中田大介
神戸学院大学大学院修了。薬剤師。ワッカーケミカルズイーストアジア(株)入社、その後シクロデキストリン事業の業務譲渡に伴い、(株)シクロケムへ移籍。主に、機能性成分をCDで包接したCD包接体素材の開発、製造立ち上げ、製品化を行っている。また、それらを配合したサプリメントの開発も担当している。これまでにコエンザイムQ10、αリポ酸(ラセミ体、R体)、アスタキサンチン、フェルラ酸、トコトリエノール(スーパービタミンE)などのCD包接体やこれらを配合したサプリメントを多数開発。

上梶友記子
鳥取大学工学部卒業。(株)シクロケムバイオ入社。コエンザイムQ10包接体を中心に研究。2011年より、社会人特別選抜にて愛媛大学大学院連合農学研究科に在籍。

生田直子
京都大学大学院修了。大手タイヤメーカー、家庭品メーカー勤務を経て、(株)シクロケムバイオに入社。R-αリポ酸-CD包接複合体の研究開発を行っている。2011年より、社会人特別選抜にて金沢大学大学院自然科学研究科後期博士課程に在籍。

佐藤慶太
群馬大学工学部卒業。エネルギー関連企業勤務を経て、(株)シクロケムに入社。営業職を中心に行い、ω-3系不飽和脂肪酸の酸化安定性の向上及び、臭いを低減させる研究も併せて行っている。

石田善行
同志社大学大学院工学研究科博士課程(後期)修了。大学の研究員を経て、 (株)シクロケムバイオ入社。現在は、シクロデキストリンによるポリフェノールの安定化、植物の葉などの天然物から特定の機能性成分を抽出する技術を研究。

和気あいあいとした職場の雰囲気が新たなイノベーションを生み出す

寺尾

シクロケムはCDとファインケミカル製品を輸入して販売する会社、ラボで応用研究を行うのがシクロケムバイオ(旧テラバイオレメディック)、その応用研究を最大限に生かし、消費者向けに作られた末端製品を販売するのがコサナ、この3社がシクロケムグループです。今は、シクロケムグループ全体で35人が働いています。この会社では、上下関係など作らず、みんな仲間としてやっていきたかったので、20人くらいを上限にするつもりが、20人を超え、30人を超え(笑)。それで35人になったのですけれど、50人以上にはしないつもりです。それ以上に増えると、知らない人が出てくるなど様々なリスクが生じるし、みんなで楽しむという雰囲気がなくなってしまいます。そういう点でいうと今はとても良くて、社員旅行や毎年のバーベキュー、花見なども、みんなで一緒に楽しめるちょうどいい人数だと思っています。

当社では年に1回、東京と岡山を含む全員が神戸本社に集まって、現状報告とこれからの方向性について話し合う全体会議を開きます。で、その日の夜はボーリングと飲み会、翌日は須磨浦公園で花見をしながらバーベキューが毎年恒例の行事です。4月の初め頃は、私が毎年ドイツのワッカー本社へ出張なので、ドイツから帰国した直後に全体会議とお花見という強行スケジュールなんですよね。去年はドイツでもボーリング大会があって、スコアが191だったんですよ。帰国直後のボーリング大会でのスコアは120程度でしたが(笑)。でも、みんなでできるボーリングはいいですよね。

中田

社員旅行も社員全員での楽しみのひとつですね。去年は岐阜と石川、その前は鹿児島でした。

佐藤

岐阜では下呂温泉に行きましたけれど、やっぱり温泉は良かった。

2009年の社員旅行(北海道)

2010年の社員旅行(台湾)

2011年の社員旅行(鹿児島)

2012年の社員旅行(下呂温泉)

石田

この会社はみんな仲がいいですけれど、東京と神戸では少し雰囲気が違いますね。神戸は歳の近い研究者が集まっているし、分野は違ってもCDという同じものを扱っているので、常にワイワイとディスカッションを繰り返しています。

中田

東京は営業が主体ですから、また少し雰囲気が違うかもしれません。ただ、決して人数が多いわけではないですし、場所は離れていますけれどTV会議や電話、eメールなどでも頻繁に連絡を取り合っているので、それほど物理的な距離のギャップは感じていません。ほかのみんなは、この会社のどんなところが良いと思いますか。

石田

やはり研究が好きですね。そもそもCDがすごく好きなので、仕事が楽しいです。CDでできるのは包接や徐放というシンプルなことですけれど、入れる相手次第で全然別のことが起こったり、似たものでも性質が変わったり。そのおかげで苦労することもありますが、やりがいがあります。

生田

私はフラットな職場環境がいいと思います。自分が誰と仕事をしているのか、離れたオフィスにいる人でも分かりますし、神戸の研究員同士もお互いに何をしているか分かって、ほかの研究員の仕事からアイデアを得て自分の仕事に活かすこともあります。

佐藤

私も入社したときに、風通しのいい会社だと感じました。肩書や上下関係に縛られることはないですし、直接社長に相談してその場で解答が得られるレスポンスの早さはこの会社ならではの良さではないでしょうか。

寺尾

上下関係を作らないというのは、会社設立当時から思っていたことですからね。

シクロデキストリン研究のNo.1を目指し世界へ向けた情報発信にも注力

寺尾

では、今後のことも話しましょうか。仕事において将来の目標を定めることはとても大切なことですけれど、一つ一つの研究を突き詰めていけば、結果として大きなものになるだろうと思っています。たとえば、Caco-2細胞の研究はどんどん形になってきていますが、はじめはコエンザイムQ10の吸収性の機構解明が目的でした。当然、この技術は他の成分でも応用できますし、そうやって広がっていけば物質の吸収性をスクリーニングできるような、新たな手法が確立できるかもしれません。そして、世界中のCDに関わる研究で役立てられるようになります。

個人的には「シクロラボを追い越す」という目標を掲げています。シクロラボとは、ハンガリーのキノイン社という製薬会社のCD応用研究部門が独立した研究機関で、CDに関する学術論文や特許などをまとめたシクロデキストリンニュースを毎月世界に向けて発信しています。会社の規模としては当社と同じくらいなのですが、まだ追い越せているとはいえません。しかし、世界の企業がCDの応用研究をしたいと思ったときには、真っ先にシクロケムを挙げてくれるようになりたい。この分野に関しては、シクロラボはもちろん、誰にも負けない会社になりたいと考えています。そのためにも、CDに関する問い合わせに対して迅速に応えられるように、データベースを構築するなど、こちらから情報発信できる状況を整えていかなければいけないと思います。

中田

ウェブサイトでは様々な情報を体系立てて紹介するようにしたり、そういった情報を全て英語で見られるようにするなど、世界を意識して作っています。

寺尾

ドイツのワッカー社本社にいる物理系の研究者からきたクリスマスカードに、ウェブサイトを見て当社の研究に興味を持ったと書いてありました。そういう反応があると、世界でも多くの人が見てくれているのだと分かります。そういう努力を続けることは、世界No.1のシクロデキストリンメーカーであるワッカー社から“応用研究のNo.1”だと認められて、対等なパートナーとしてやっていく上でも重要なことです。これはあくまでも会社としての目標ですけれど、皆さんそれぞれにも将来への目標はありますよね。

中田

これまで当社の研究成果はいくつもの製品になってきましたが、まだまだ形になっていない良いものがたくさんあるので、そういったものもどんどん世の中に出していきたいです。ただし、実験室で良い結果が出たとしても、製造段階で同じ精度を担保できるとは限りませんから、製造段階での品質向上まで含めて、製品化につながる仕事をしていきたいと思っています。当社には素晴らしいシーズがたくさんあるのですから。

佐藤

私は営業を担当しているので、CDの新たな発見・可能性により、マーケットが広がり、使用量がもっともっと増えてほしいと思います。食品分野ではかなり認知度が高まってきていて、入社当時から毎年参加している展示会でも、最初はCDとは何かを説明するところから始めましたけれど、最近ではCDのことはすでに知っていて、いきなり応用の話ができるようなお客様が増えました。食品以外の分野ではまだまだ十分に知られていませんが、最近では繊維業界や様々な工業製品などでもCDと組み合わせて面白い製品ができています。スポーツメーカーではCDを使ったスポーツウエアが製品化されていて、自分で着てみると感慨もひとしおです。こういう生活を楽しくするような商品がさらに色んな分野で出てくると嬉しいと思います。

石田

応用研究のほうでは、もう少し研究者が増えて、規模を拡大するかもしれませんね。

寺尾

人数が増えてもあえて引っ越さず、今のオフィスにいるのは、ラボを拡張しやすいからです。実際、設立以来何度もラボを広げてきました。そもそもラボのあるオフィスを構えたからには、そう簡単には引っ越せません。でも、ここにいることで外部とのつながりができることもたくさんあります。最初に共同研究を行った神戸学院大学だけは大学時代の後輩がいたので、こちらからアプローチしましたが、そのほかの共同研究先などは自然に繋がった関係ばかりです。今、このオフィスの近くには理化学研究所もありますが、こちらからお願いしに行くのではなく、何らかのきっかけでCDを通してコラボし、何か社会に貢献できるようなテーマや機会が自然と訪れるのではないかと、期待感も込めて思っています。

大事なのは、一人ひとりの研究者が楽しみながら、目の前の研究に取り組むこと。そこから自然と研究のフィールドが広がっていくものだと信じています。

第1回【前編】【後編】|第2回【前編】【後編】|第3回【前編】【後編】|(全3回)