• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
シクロデキストリンによるTea Tree Oil成分の安定化検討

for English page

Tea Tree Oilとは

Tea Tree Oil(以下、TTO)はオーストラリアに自生するMelaleuca alternifoliaの葉から抽出される天然アロマオイルである。優れた抗菌性と幅広い抗菌スペクトラム、また、高い安全性を有することから、化粧品を始めコスメシューティカル・消臭用途など幅広く利用されている。
 TTOの含有成分は、主としてモノテルペン・テルペンアルコールおよびセスキテルペンからなっており、その種類は90以上とも言われる。そのうち9種類についてはTTO品質保証のために、ISO 4730規格およびAS 2782-1997規格にて含有成分の組成比率が規定されている。

TTOの成分規格値

Component Flavor content
in OILTEA-185※ [%]
Specification [%]
(ISO/FDIS-4730 : 2004)
a-Pinene 2.4 1 - 6
Sabinene 0.2 Trace - 3.5
α-Terpinene 9.3 5 - 13
Limonene 1.1 0.5 - 1.5
p-Cymene 3.0 0.5 - 8
1, 8-Cineol 3.7 Trace - 15
g-Terpinene 20.8 10 - 28
Terpinolene 3.4 1.5 - 5
Terpinene-4-ol 42.1 30 - 48
a-Terpineol 2.8 1.5 - 8
Aromadendrene 1.1 Trace - 3
d-Cadinene 0.7 Trace - 3
Globulol 0.1 Trace - 1
Viridiflorol 0.2 Trace - 1
Ledene 0.6 Trace - 3

※ Bronson & Jacobs製OILTEA-185を使用

目的

規格で組織比率が規定されている9種類のなかでも、Terpinen-4-olはTTOに突出して多く含まれる成分である。これが30%以上含まれていないと、規格外となってしまう。
 また、α-Terpineneは熱や光、大気中の酸素に晒されることで容易に酸化し、p-Cymeneを生じる。オイルの酸化により組成変化が生じた場合、上記の品質規格を満たせなく恐れがある。また、酸化物によるアレルギー性や皮膚刺激性が増加するとの報告もあるため、オイルの酸化安定化は極めて重要である。
 そこで、本研究では各種CDによるTTOの熱安定性改善効果について検討を行った。

[図]

TTOの熱処理による成分変化

[グラフ]

TTOは加熱によりα-TerpineneやTerpinen-4-olは減少、酸化体であるp-Cymeneは増加し、規格外となってしまう。

熱安定性の評価方法

α-CD、β-CD、γ-CDで包摂したTTO包接粉末を50℃と100℃で熱処理し。GCにてTTO中の成分である、α-Terpinene、p-Cymene、Terpinen-4-olの定量を分析した。

50℃下におけるTTO包接粉末の成分変化

[グラフ]

100℃下におけるTTO包接粉末の成分変化

[グラフ]

包接粉末にする事で、加熱によるα-TerpineneやTerpinen-4-olの減少、p-Cymeneの増加を抑えることができた。

結果

CDによるα-Terpineneの熱安定化効果は、α-CD > β-CD > γ-CDの順に大きく、 α-CDを用いることで、 p-Cymeneの生成を顕著に抑制することができた。
 安定なTTO包接粉末を用いる事で、効果が持続し、安全な製品とする事が可能であることがわかった。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら