• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
今、シクロケムが注目していること
CoQ10摂取に加齢臭抑制効果のあることが発見された!

5月19日に発売された『本当は健康寿命が短い日本人の体質』(宝島社)はアマゾンの本の売れ筋ランキングの医学カテゴリーと老化カテゴリーにおいてベストセラー1位を4日間続けるという、おかげ様でいい売れ行きを示していますが、私の最も伝えたかったことは「健康寿命が短い日本人の体質にはヒトケミカルの摂取が必要だ!」ということでした。

そのような中、三大ヒトケミカルの一つであるコエンザイムQ10(CoQ10)に体表ではなく体内から放出される“おじさん臭”とも言われる加齢臭の原因物質であるノネナールの発生を抑制する効果のあることが資生堂の研究グループによって世界で初めて発見され、2017年3月に日本補完代替医療学会誌(第14巻第1号、P17-P22)に報告されました。原著は「コエンザイムQ10摂取が高齢女性の皮膚ガス中の加齢臭成分ノネナールに与える影響」というタイトルです。

三大ヒトケミカルとはヒトの生体内において生産され、60兆個の細胞にあるミトコンドリアにおいてエネルギーを作る際に欠かせない成分でCoQ10、R-αリポ酸、そしてL-カルニチンのことを示しています。

図1. ミトコンドリアにおける三大ヒトケミカルのエネルギー産生のための役割

ただ、この三大ヒトケミカルは残念ながら20才を境にその生産量が減少し、その結果、加齢とともに、ミトコンドリアにおけるエネルギー生産量も減少していくのです。

その三大ヒトケミカルの一つであるCoQ10を4週間摂取したところ、肌から放出されているノネナールの濃度が2~3割減少し、加齢臭が顕著に抑制されることが判ったのです。

2001年に資生堂は加齢と2-ノネナールの関係を論文発表しています。その論文では加齢とともに増加する体臭成分として2-ノネナールが関係していること明らかとしています。

2-Nonenal Newly Found in Human Body Odor Tends to Increase with Aging
S. Haze et al, Jounal of Investigative Dermatology, 116(4), 520 (2001))

2-ノネナール量は、特に40歳以上の被験者において加齢とともに増加する傾向を示したとのことです。40歳未満と40歳以上の2群間においては、2-ノネナール量に有意な差が認められています。

図2. 加齢と2-ノネナールの関係

今回の報告では、おじさん臭として知られているノネナールですが、被験者としては65~74歳の通院していない健常な日本人の高齢女性24名を対象としています。

試験品 はQHソフトカプセル (還元型CoQ10:100mg、サフラワー油:194mg、グリセリン脂肪酸エステル:6mg)、Q10ソフトカプセル (酸化型CoQ10:100mg、サフラワー油:194mg、グリセリン脂肪酸エステル:6mg)、ビタミンEソフトカプセル (α-トコフェロール:134mg)、プラセボソフトカプセル (サフラワー油:270mg、グリセリン脂肪酸エステル:30mg)です。

試験方法 は被験者24名を6人ずつの4グループに分け、それぞれにQHカプセル、Q10カプセル、ビタミンEカプセル、プラセボカプセルを4週間摂取させる二重遮蔽試験を実施しています。そして、摂取前後に皮膚ガスの採取を行い、各群の体調と皮膚ガスの変化を比較しています。尚、ノネナールはノナナールで補正して比較しています。

その結果、ノネナール比 において、Q10群とQH群が試験開始前に対し、有意に減少しています。(Q10群;p<0.05、QH群;p<0.01)QH群では、プラセボ群に対しても有意な減少となっています。(p<0.05)

図3. CoQ10(酸化型と還元型)とビタミンEのノネナール低減作用の比較

このように、酸化型CoQ10であっても、還元型CoQ10と同様に体内から発生するノネナールの減少効果が認められています。すなわち、CoQ10を経口摂取することにより、体内中の脂質の酸化を抑制し、皮膚表面から蒸散する皮膚ガス中に存在する体臭の原因成分ノネナール濃度が減少することが明らかとなりました。

ヒトケミカルのCoQ10の経口摂取が体臭発生に影響を与える可能性が示唆されます。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら