• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
α-シクロデキストリンによる脂肪酸トリグリセリドの乳化作用に関する研究

for English page

研究の背景と目的

これまでのCD(シクロデキストリン)に関する報告では、CDの次のような性質が研究されている。それは「α-CDが種々の油脂を包接すること」、「その包接化合物はCD部分が親水性を持つこと」「CDから突き出た部分が親油性(疎水性)をもつ界面活性剤として機能すること」などだ。しかしその性質に関する研究の中でも、CDの乳化作用に関する報告、特に粒度分布やミセルサイズについて検討した例は少ない。
そこで本研究では、油に対するα-CDの乳化作用について調べるため、植物油などに一般的に含まれる不飽和脂肪酸トリグリセリドの一種であるトリオレイン(図1)を用い、エマルションに含まれる油の割合と粒度分布及びミセルサイズの関係に着目した実験を行った。

図1.トリオレインの構造

実験内容

①エマルションの作製
②作製したエマルションの粒度分布
③作製したエマルションの顕微鏡写真
④糖添加系でのエマルションの粒度分布と顕微鏡写真

①エマルションの作製

方法
(1)イオン交換水に α-CDを溶解させる
 ↓
(2)その水溶液にトリオレインを加える
 ↓
(3)ホモジナイザーで6000rpmで10分間撹拌
 ↓
(4)ホモジナイザーで9500rpmで10分間撹拌

写真1. α-CDトリオレイン乳状液の作製
写真2. α-CDトリオレイン乳状液(1:8 w:w)

②作製したエマルションの粒度分布

レーザー回折式粒度分布計(Shimadzu、SALD-300)を用いてエマルションの粒度分布を測定した。

図2. α-CDトリオレイン乳状液の粒度分布

結果
油の割合が多いエマルションでは粒度分布が大きくなる傾向が見られた

③作製したエマルションの顕微鏡写真

レーザー回折式粒度分布計(Shimadzu、SALD-300)を用いてエマルションの粒度分布を測定した。

方法
エマルションをプレパラートで挟み、下方からLED(4x4,直列,12V)で照らしこれを光源として固定した。
上方からCCDカメラ(Light付き)で直接観察しながら最適なレンズと焦点距離を選定した。
各サンプルについてステージを動かし均一な場所での静止画像を撮影した。
<実施場所>
兵庫県立工業技術センター
<測定装置>
型式 : デジタルマイクロスコープ
 KH-7700 <HiRox Japan>
性能 : 観察倍率:0〜7000倍
解像度 : 1/1.8型211万画素CCD
レンズ : MX(G)-10C : OL-700(II) : x1700

写真4. O/W乳状液の顕微鏡写真

結果
油の割合が多いエマルションでは油滴サイズが大きくなる傾向が見られた

④糖添加系でのエマルションの粒度分布と顕微鏡写真

写真5と図3 乳状液の顕微鏡写真(上)と粒度分布(下)

結果
糖の種類によって粒度分布及び油滴サイズが異なることが確認された

まとめ

(1)油の割合が多い乳化物では粒度分布が大きくなる傾向が見られた。
(2)油の割合が多い乳化物では油滴サイズが大きくなる傾向が見られた。
(3)糖添加系においては、糖の種類によって粒度分布及び油滴サイズが異なることが確認された

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら