• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
αシクロデキストリンと乳酸菌による新シンバイオティクス

for English page

目的

シンバイオティクスとは、プロバイオティクス(腸内フローラの制御を通じて有益な影響をもたらす生菌)とプレバイオティクス(腸内でのプロバイオティクスの増殖を促進する物質)の組み合わせのことを指す。単独で用いるよりも腸内細菌叢をより効果的に改善し、健康の維持・増進に寄与する作用が強まることが期待されている。

 αシクロデキストリン(以下、αCD)は、水溶性の難消化性デキストリンとして「水溶性食物繊維」に分類され、体重減少効果(ダイエット効果)、便秘改善効果、コレステロール減少効果、中性脂肪減少効果、血糖値上昇抑制効果等を持つ機能性食品素材として注目されている。
 αCDは、大腸に到達し善玉菌に選択的に利用されるので、プレバイオティクスとしての条件を満たしている。一方、乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌であり、プロバイオティクスとして既によく知られている。通常、プレバイオティクスはプロバイオティクスの餌である。プレバイオティクスが室温条件で、プロバイオティクス存在下においても適度な安定性を有し、体内においてのみ善玉菌の餌となりうるのであれば、同時配合によるシンバイオティクスとしての利用が可能になる。そこで、以下の実験を行った。

培地条件

GYP培地(PH7.0)
・D-Glucose 2%
・Yeast Extract 0.5%
・Polypeptone 1%
YP培地(PH7.0)
・Yeast Extract 0.5%
・Polypeptone 1%

*YP培地にはグルコースを入れていない為、炭素源は添加したCDのみになる。→YP培地で増殖が可能であれば、菌はCDを炭素源にしたと言える。

ヤクルト(株式会社ヤクルト)
菌種:ヤクルト菌(ラクトバシルス.カゼイ シロタ株)
[グラフ]
[グラフ]
ブルガリア のむヨーグルト(明治乳業株式会社)
菌種:ストレプトコッカス.サーモフィラス菌1131株、ラクトバシルス.ブルガリア菌2038株
[グラフ]
[グラフ]
ビフィズス乳酸菌(カゴメ株式会社)
菌種:ビフィズス菌、ラクトバシルス.カゼイ菌
[グラフ]
[グラフ]

αCD摂取によるビフィズス菌の増殖効果

[グラフ]

αCDを1日当り3g、3週間摂取すると、便中のビフィズス菌は3倍以上になることが判明した。(n=10)

ワッカーケミー社内データ

αCD摂取による排便回数の増加

[グラフ]

αCDを1日当り3g、3週間摂取すると、排便回数は約1.5倍になる。(n=10)

ワッカーケミー社内データ

考察

炭素源としてグルコースがない培地でも、ヤクルト菌の様にシクロデキストリンを栄養源とできる菌なら増殖が可能である。αCD添加培地での増殖が最も遅く、αCDは資化されにくいことが判明した。
グルコース存在下ではグルコースを栄養源として増殖する。αCDを添加することで増殖は遅くなる。
⇒乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌共存下、或いは、善玉菌とグルコース共存下、αCDは他のプレバイオティクスより安定である
ワッカーケミー社が実施した臨床試験で、αCD摂取で便中のビフィズス菌量が3倍以上に増加し、排便回数が増加する事も判明している。
⇒様々な有機物と細菌が存在する腸内環境下で、最終的に、αCDは腸内でゆっくりと資化され、善玉菌の栄養源になると考えられる。
⇒プレバイティクスであるαCDはシンバイオティクス原料として有用である。
相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら