• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
還元型クルクミン

クルクミンは、皆さんもよくご存知のように、ウコンに含まれるポリフェノールの一種で、肝機能向上作用、美肌効果、コレステロール低減効果があるとしてサプリメントや飲料に配合されています。特に、飲酒前には悪酔いや二日酔いを予防する目的で、肝臓の解毒機能を高める作用と胆汁の分泌を促がす作用を期待して、『ウコンのちから』などの飲料を常用している方もいるかと思います。

では、テトラヒドロクルクミンについてご存知でしょうか?

テトラヒドロクルクミンとは、クルクミンが腸管の上皮細胞で還元されて生成する還元型クルクミンのことをいいます。クルクミンの一部は、テトラヒドロクルクミンに変換されて体内へ吸収されているのです。そして、クルクミンの持つ肝機能向上作用や美肌効果は、体内のテトラヒドロクルクミンの量が増すとさらに高まるのです。テトラヒドロクルクミンはクルクミンよりも強い抗酸化作用を持っており、チロシナーゼ(メラニン生成酵素)、コラゲナーゼ(コラーゲン分解酵素)、ヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸分解酵素)阻害作用による高い美容効果を有しています。

ところで、ウコンのドリンクやサプリメントを飲んだ際に便が黒っぽくなったことはありませんか?

テトラヒドロクルクミンは白色で、クルクミンは黄色です。吸収性を高めるための工夫が製剤に施されていない場合、変換されていないクルクミンの体内への吸収量は脂溶性のために極僅かなのです。黒っぽくなっているのはクルクミンの色が混ざっているからです。そのドリンクやサプリメントは、クルクミンがテトラヒドロクルクミンに変換され辛いこと、そして、クルクミンのまま排泄されてしまう吸収性の低い(効果の低い)製剤であることを意味しているのです。

ドイツワッカー社はクルクミンのγCD包接体と他の製剤を比較したクルクミンとテトラヒドロクルクミンの15人のボランテアによる吸収性評価を行ないました。尚、他の製剤(CP1とCP2)とはクルクミンの吸収性を18倍高めたとされる市販のクルクミン製品(Curcumin Comercial Product 1 and 2)です。また、クルクミンの投与量はいずれの製剤も376mgでテトラヒドロクルクミンは0mgであり含有されていません。

そして、驚くべき結果が明らかとなりました。

高吸収製剤のCP1に比べてγCD包接体の吸収性は9,84倍高く、スタンダード品に比べて22.39倍高く、CP2に比べて58.84倍高いことが判ったのです。(図1)

図1. 経口摂取後の血中クルクミンの濃度変化

図1. 経口摂取後の血中クルクミンの濃度変化

尚、CP1のデータではスタンダード品と比べて18倍高いことを謳っており、今回のデータと異なっていますが、CP1のデータは油脂を含む食事をした後に経口摂取したデータであり、今回のデータは公平な評価をするために、脂溶性物質の吸収が低くなる絶食後に経口摂取したデータです。

還元型の健康増進効果のあるテトラヒドロクルクミンの血中濃度も、当然、γCD包接体を摂取した場合に他の製剤に比べて有意に高い結果が得られています。(図2)

図2. 経口摂取後の血中テトラヒドロクルクミンの濃度変化

図2. 経口摂取後の血中テトラヒドロクルクミンの濃度変化

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら