• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

青葉アルコールを主成分とする緑の香りに学習意欲、学習能力の向上などの生理作用があり、ストレスにも感応し、ストレス解消や疲労回復に有用なことが複数の研究によって徐々に明らかとなり、近年、受験生を持つ両親や認知症の危険性のある高齢者がいる家族に朗報・・・と、その注目度はにわかに上昇しています。

先ずは、学習能力の向上に関する研究から・・・・

サルに緑の香り(青葉アルコールと青葉アルデヒドの混合物)とサルの好物のバナナの香り(イソアミルアセテート)、そして、酢酸の三種類の匂いを嗅がせて(暴露して)脳の異なる部位の血流の変化を確認したSasabeらの研究報告があります。

その結果、嗅覚(化学物質を感知して脳で匂いとして認識する感覚)に関与している大脳嗅覚皮質においては、コントロールの純粋な空気に比較して、三種の匂い物質(揮発性化学物質)の匂いを嗅がせた際にその部位の血流はすべて上昇しました。しかし、大変興味深いことに、学習、特に努力が必要な課題等の問題解決に関与する脳の部位である前帯状皮質(ACG)では、サルの大好きなバナナの香りではなく、緑の香りを嗅いだときにのみ有意に血流が上昇していたのです。

図1. サルが三種の臭い物質を嗅いだときの各部位の大脳血流(rCBF)

図1. サルが三種の臭い物質を嗅いだときの各部位の大脳血流(rCBF)

実際のPET(陽電子放射形コンピューター断層撮影)写真があります。緑の香りによってサルの大脳前帯状皮質の活性化しています。(図2の説明:前帯状皮質(ACG)からの水平面(H)と上下面(S)スライス評価において緑の香りによってサルの大脳の前帯状皮質(ACG)の血流が増加している。T-Value:色度、IFG:下前頭回、L:左、R:右)

図2. 緑の香りによるサルの大脳前帯状皮質の活性化(陽電子放射形コンピューター断層撮影(PET)検査)

図2. 緑の香りによるサルの大脳前帯状皮質の活性化
(陽電子放射形コンピューター断層撮影(PET)検査)

次に、ストレス解消に関しては、Nakajimaらの研究報告があります。マウスにストレスをかけて副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の変化と体温の変化をみています。尚、血漿中のACTHはストレスを受けると上昇しますので、抑制できればストレスが軽減できていることが分かります。結果、緑の香りを嗅ぐことによるACTHの分泌抑制、ならびに、体温の上昇抑制が確認され、緑の香りに即時的かつ長期的にストレス軽減作用のあることが判明しています。

さらに、疲労回復に関する研究としては、マウスの強制遊泳試験で緑の香りを嗅いだマウスが、嗅いでいないマウスに比べ3倍運動量が増加することが判っています。

このように緑の香りは、他の香りに比べて顕著な脳内機能の改善効果が示されていますが、この緑の香りは揮発性物質ですので、常時、その香りを嗅ぐことはできません。そこで、シクロデキストリンで緑の香りの主要成分である青葉アルコールを包接した水溶液のスプレー製品が開発されました。

スライド

通常のエタノール製剤とシクロデキストリン水溶液の徐放特性が検討されています。(図3)不織布に青葉アルコールCD水溶液とエタノール製剤を噴霧した直後から7日後までの揮発性物質の徐放特性をSPME分析により評価しています。温度と湿度をコントロールしていない実験手法では正確な徐放速度を決定することはできません。しかし、青葉アルコールをエタノールに溶かした製剤スプレーでは、1日経つと青葉アルコールは揮発して完全に消失することが確認できます。その一方で、シクロデキストリンで青葉アルコールを水に溶かしたスプレーを噴霧した場合には、噴霧直後はエタノール製剤よりも匂いの強度は低いのですが7日間後も青葉アルコールの香りを徐放していることがわかります。

図3. 青葉アルコールCD包接体徐放特性

図3. 青葉アルコールCD包接体徐放特性

よって、このスプレーを部屋のカーテンや壁紙に定期的に噴霧しておくと、常時、緑の香りを嗅ぐことが可能となり、脳機能改善によって、受験生は学習意欲の向上とともに学習能力が向上し、高齢者にとっては認知症の予防になると考えられます。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら