• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

寿命延命物質と知られるレスベラトロールの美容効果とは

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

『GI値』とは、血糖値の上がり易さを示す指標で、糖尿病発症の前段階にある『インスリン抵抗性』を予防するための指標になります。つまり、『GI値』が高い食品ほど、血糖値を上げやすい食品であることになります。そして、GI値55以下の食品を『低GI食品』、56~69の食品を『中GI食品』、70以上の食品を『高GI食品』と分類されています。ちなみに、白米はGI値72の高GI食品です。糖尿病の予防にはなるべく低いGI値の食品を選ぶのがいいのです。(図1)

図1. 各食品のグリセミック・インデックス(GI値)

図1. 各食品のグリセミック・インデックス(GI値)

食品のGI値を低減する作用のある新食物繊維であるαシクロデキストリン(αCD)が注目されており、既にαCDによる食パン(白パン)のGI低減作用については知られております。(コラム参照)

では、この効果はハチミツでもみられるのか・・・・

ハチミツの場合には、蜜源植物の種類によってGI値が異なります。一般のハチミツのGI値は80を超えて『高GI食品』なのですが、マヌカハニーのGI値は最近詳しく調べられており、産地によって異なりますが、果糖の割合が多いため、48~67の『低-中GI食品』であることが確かめられているのです。(図2)

図2. 健常者10名に対して採取場所の異なる5種類のマヌカハニー及び、ブドウ糖を摂取させた際の食後血糖値上昇の比較

図2. 健常者10名に対して採取場所の異なる5種類のマヌカハニー
及び、ブドウ糖を摂取させた際の食後血糖値上昇の比較

その『低-中GI食品』であるマヌカハニーのGI値がαCDによって、さらに低い緑黄色野菜や海藻レベルまで下がることが分かったのです。2011年12月にニュージーランドのOtago大学が発表した検討結果をここに紹介します。

この検討は、ボランティア10名(男性6名と女性4名)によって行われました。ボランティアの平均年齢は28.7歳(25歳から34歳まで)でBMIは22.8kg/m2でした。そして、ボランティアのすべての方は健康体で、何れの方も糖尿病や他の病気は患っておりません。

GI値とは、グルコースを摂取した際の血中グルコース増加量を100とし、炭水化物を含む各種食品を炭水化物として同等量摂取した際の血中グルコース増加量をいいます。そこで、この検討ではリファレンスとしてグルコース25gを含有する炭酸ガス入り飲料水275mlを用いています。マヌカハニー(MGO400+)は100g中には77.8gの炭水化物を含みますので、マヌカハニーは32.1g( 25g×100÷77.8)を摂取し(グルコース25gと同等量の炭水化物)、そして、マヌカハニー(MGO400+)とαCDから得られた粉末(Cyclopower)は45.9g(マヌカハニーに含まれる炭水化物25g相当量)を摂取して、摂取後、15分おきに血中のグルコース増加量変化を分析しました。(図3)

図3. 健常者10名に対して、マヌカハニー(MGO400+)、マヌカハニーのα-CD粉末及び、グルコースを摂取させた際の食後血糖値変化の比較

図3. 健常者10名に対して、マヌカハニー(MGO400+)、マヌカハニーのα-CD粉末
及び、グルコースを摂取させた際の食後血糖値変化の比較

その結果、使用したマヌカハニー(MGO400+)のGI値は65±7であり、『中GI食品』のカテゴリーでしたが、マヌカハニーのαCD粉末のGI値は・・・驚くべきことになんと18±4であり、緑黄色野菜や海藻と同じカテゴリーの『極低GI食品』であることが分かりました。

これからは、マヌカハニーそのものに比べれば甘味は少し落ちますが、健康のためにも甘味料としてマヌカハニーのαCD粉末を用いるのがいいかもしれませんね。

コラム:αCDによる白パンの血糖値の上昇抑制効果(GI低減作用)

12人の健常男性にそれぞれ100gの白いパン(炭水化物50gに相当)を摂取してもらい、摂取後3時間の血糖値を測定した。同様の試験方法で、別の日に、同量のパンに10gのαCDを添加したものを摂取してもらい、血糖値の測定を行った。さらに別の日に、25gのαCDを単独で摂取してもらい、血糖値の測定を行った。尚、それぞれのウォッシュアウト期間については48時間以上を設定した。それぞれの血糖値を比較したところ、白パンにαCDを添加した検討で、有意にピークの高さが低くなり、ピークに達する時間も遅くなった。一方、αCDのみの摂取では血糖値に影響はなかった。(図4)

図4. 健常者12名に対して、白パンのみ、白パンとα-CD、及び、α-CDのみを摂取させた際の食後血糖値変化の比較

図4. 健常者12名に対して、白パンのみ、白パンとα-CD、
及び、α-CDのみを摂取させた際の食後血糖値変化の比較

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら