• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

寿命延命物質と知られるレスベラトロールの美容効果とは

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
脳機能改善のための栄養素について

その8. CoQ10

脳機能改善に有効な栄養素として、これまでにDHAやEPAなどのn3-不飽和脂肪酸が、リン酸と結合したリン脂質を含有するクリルオイル、クルクミン、δ-トコトリエノール、R-αリポ酸、L-カルニチンを紹介してきました。これらの栄養素とともに脳機能改善のためには忘れてならない重要な栄養素があります。コエンザイムQ10(CoQ10)です。CoQ10は、アミロイドβが関与するアルツハイマー病にも神経変性疾患のパーキンソン病にもその予防効果が最近の研究から知られています。

先ずは、アルツハイマー病の予防効果に関する報告です。2011年にアルツハイマー病研究の専門学術誌に米国のグループの研究が報告されています。(Dumontら、J. Alzheimers Dis. 2011; 27(1): 211-223)

神経細胞で、アミロイド前駆体タンパク質(APP)からセレクターゼ(切断酵素)によってアミロイドβ(Aβ)が作られます。長い年月を経て、Aβは蓄積していきます。Aβ蓄積に先立って、酸化ストレスによるミトコンドリア異常が起こってきます。CoQ10は、ミトコンドリアに存在し、ATP産生のための補酵素として作用していますが、同時に、抗酸化による活性酸素の消去といった機能性も有しています。そこで、この研究では、アルツハイマー病に対する作用が調べられています。

アルツハイマー病のモデルマウス(Tg19959マウス)にCoQ10を投与したところ、脳内の酸化ストレスマーカー(タンパク質のカルボニル修飾)の抑制作用(図1)、脳内におけるAβ42(コラム参照)の低減作用が認められました。(図2)また、アミロイド前駆体タンパク質(APP)の減少も確認されています。・・・・・・尚、図1と図2はかなり専門的になっていますので、専門でない方は、酸化ストレスが減って、Aβの蓄積も減って、アルツハイマー病の予防効果が示されたとご理解ください。

図1. アルツハイマー病態モデルマウス(Tg19959マウス)を用いたCoQ10による酸化ストレスマーカー(脳タンパク質カルボニル)の抑制作用

図1. アルツハイマー病態モデルマウス(Tg19959マウス)を用いた
CoQ10による酸化ストレスマーカー(脳タンパク質カルボニル)の抑制作用

図2. アルツハイマー病態モデルマウス(Tg19959マウス)を用いたCoQ10によるアミロイドβ42プラークの低減作用

図2. アルツハイマー病態モデルマウス(Tg19959マウス)を用いた
CoQ10によるアミロイドβ42プラークの低減作用

さらには、CoQ10を投与したマウスを用いたMorris水迷路試験による評価において、認知機能の改善も認められています。この結果からも、CoQ10の抗酸化作用を介したアルツハイマー病の予防効果が示唆されました。

次の報告は神経科学専門誌に投稿された『パーキンソン病患者のCoQ10欠乏』に関するものです。(Mischleyら、J Neurol Sci. 2012 Jul 15;318(1-2):72-5)

神経変性疾患であるパーキンソン病の場合もアルツハイマー病と同様に、活性酸素による酸化ストレス障害の関与が示唆されており、抗酸化物質による疾患予防効果が注目され、抗酸化物質による臨床試験も試みられています。

この研究報告では、22名のパーキンソン病患者群と88名の対照群の2群で2004年から2008年にかけて内在性CoQ10値を他の抗酸化物質(グルタチオン、セレン、ビタミンE、αリポ酸)とともに調べています。

その解析の結果、図3に示すようにパーキンソン病患者群では対照群に比べてCoQ10が有意に低値(P=0.003-0.009)であり、CoQ10の欠乏の割合がパーキンソン病患者群で対照群に比べ、有意に高値(P=0.0012-0.006)であることが判明しました。その一方で、他の抗酸化物質については両群間に有意差は認められませんでした。(P>0.05)

図3. パーキンソン病患者における抗酸化物質の欠乏

図3. パーキンソン病患者における抗酸化物質の欠乏

以上の結果から、パーキンソン病ではCoQ10欠乏が顕著であり、臨床研究においてもCoQ10のパーキンソン病患者への投与による予防改善効果が示されています。

尚、CoQ10の抗酸化作用を期待する場合には、酸化型CoQ10(ユビキノン)よりも還元型CoQ10(ユビキノール)の方が好ましいと思われます。ただ、還元型CoQ10は空気に触れると簡単に酸化される不安定な物質であり、製剤化に難があります。その問題を解決したのが酸化型CoQ10のγCD包接体とビタミンCを併用したサプリメントです。このサプリメントは、従来、脂溶性のために生体吸収性の低かったCoQ10の吸収性を飛躍的に高めると同時に、小腸内において還元剤であるビタミンCによって酸化型CoQ10(ユビキノン)から還元型CoQ10(ユビキノール)に効率的に変換されて、生体内に吸収される優れた特徴を有しています。是非お試しください。

コラム アミロイドβ42(Aβ42)とは

通常多く見られるAβはアミノ酸が40個つながったAβ40。ところが、東大の岩坪教授らは、患者の脳にアミノ酸が42個つながったAβ42が蓄積しているのを発見。Aβ42は脳内で固まりやすく、タウタンパク質の蓄積を促しアルツハイマー病発症に重要な役割を果たしていた。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら