• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

その1. 運動とタンパク質摂取のタイミング

今回は、高いスポーツパフォーマンスを求めるアスリートのため、体力の劣る日本人アスリートが知っておくべきアスリートとしての筋肉を作り、維持するためのスポーツ栄養学についてお話します。

運動は有酸素運動と無酸素運動に分けられ、それぞれどちらの運動を主体としたスポーツであるかによって、鍛えるべき筋肉も異なりますが、すべてのスポーツは複合的なものですので、基本的にはどちらの筋肉も鍛えて維持しておくことが重要です。

その筋肉を鍛えて維持するために、トレーニングが必要です。しかし、その筋肉はタンパク質でトレーニング(運動)によって、たんぱく質は分解していきます。よって、運動とともにタンパク質(筋肉)を合成するためのタンパク質の摂取が必要です。では、どのタイミングでたんぱく質を補給するのがいいのでしょうか?

運動によるエネルギーロスを考慮して、糖分を加えたタンパク質の摂取タイミングを検討したLevenhagenらの2001年に報告された論文があります。健常人の摂取タイミングによる脚筋肉タンパク質の分解と合成の割合による筋肉の蓄積量について評価しています。運動したときにタンパク質と糖分を摂取しなかった場合、タンパク質分解量の方が合成量よりも多くなり、明らかに筋肉量が減っていくことが示されています。しかし、運動直後にタンパク質と糖分を摂取すると分解量より合成量の方が増しており、筋肉タンパク質量が増加すること、また、運動3時間後では、筋肉タンパク質量は摂取しなかった場合と同様に減少していくことが明らかとなっています。(図1)

図1. 運動とタンパク質+糖分摂取タイミングによるタンパク質蓄積量の変化

図1. 運動とタンパク質+糖分摂取タイミングによるタンパク質蓄積量の変化

同様に、レジスタンス運動直後の食事の摂取が、筋肉になるという検討が2001年にEsmarckらによって報告されています。ただ、この検討は、アスリートではなく高齢者24名を対象にしたものです。12週間に渡って、レジスタンス運動の直後と2時間後にタンパク質10gを含むサプリメントを摂取してもらったところ、直後の場合、有意に大腿四頭筋量が増加することが示されましたが、2時間後ではタンパク質を摂取しても筋肉量に変化は観られませんでした。(図2)

図2. 運動とタンパク質摂取タイミングによる大腿四頭筋量の変化

図2. 運動とタンパク質摂取タイミングによる大腿四頭筋量の変化

また、2000年、Suzukiらはラットを用いてレジスタンス運動直後または4時間後の食事摂取(8週間)と筋肉量および脂肪組織量の関係を調べています。(図3)ここでも、運動直後に摂取した方が筋肉量は増えること、そして、興味深い知見として、運動4時間後の食事摂取は筋肉にならず脂肪になってしまうことが示されています。

図3. レジスタンス運動直後または4時間後の食事摂取(8週間)と筋肉量および脂肪組織量の関係(ラット)

図3. レジスタンス運動直後または4時間後の食事摂取(8週間)と筋肉量および脂肪組織量の関係(ラット)

どうも、スポーツパフォーマンスをさらに向上させたいアスリートにとって、運動(トレーニング)した後は、なるべく早くに焼肉(タンパク質)ご飯(糖分)を食べるのが筋肉増強のためには良さそうですね。次回は、タンパク質である筋肉中に多く含まれる分岐型アミノ酸(BCAA)とグリコーゲンローディングについてのお話です。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら