• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

その4. 肝機能の改善にも有効

このシリーズでは、ヒト臨床試験や動物試験などの検討を通じ、『吸収型CoQ10(包接体)』と『ビタミンC』の併用サプリメント摂取によって得られた科学的根拠を紹介しています。

これまでに線維芽細胞活性化によるコラーゲン産生作用(シワの減少やキメの微細化による美肌効果)や筋肉細胞活性化による筋肉保護作用(基礎代謝の維持、みずみずしい肌の回復)などを紹介してきました。

今回は、現代社会で働くビジネスマン、特に一家の大黒柱、働き盛りのお父さんにとって気になる肝機能に目を向けてみました。肝臓は静かなる臓器とも言われ、悪くなっても滅多に症状が現れません。これは多くの人が知っていることでしょう。いつの間にか肝硬変や肝癌といった取り返しのつかない疾患を患っている場合も多々あります。その点でも肝機能障害を予防することは大変重要なのです。

肝機能が正常かどうかの評価に使われるバイオマーカーは、人間ドックでもおなじみで、最近はよく知られてきたAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)とALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)という2つの酵素です。

ASTは肝臓に多く含まれる酵素で肝臓を構成している肝細胞の障害の程度を測ることができます。肝臓が障害を受けて肝細胞が壊れると、細胞中から血液中に大量に漏れ出し、血液検査で検出されます。基準値(正常値:10‐40 IU/L/37℃)を超す場合は急性肝炎や肝硬変などの肝障害が疑われるのです。

また、ALTも主に肝臓に含まれる酵素で肝臓に障害があると肝細胞が壊れて血液中に流れ出るため、数値が上昇します。ALTの正常値は5‐40 IU/L/37℃です。

よって、血中のAST とALTの検査データを比較し、どのように肝障害を引き起こしているかを推測することができるのです。

ASTと ALTが何れも正常値のボーダーラインである40IU/Lを超えている47歳男性、ALTは正常だがASTが異常に正常値のボーダーラインを超えている48歳男性、そして、逆にASTは正常だがALTが異常に正常値のボーダーラインを超えている46歳男性の3人に『吸収型CoQ10(包接体)』と『ビタミンC』を配合したサプリメントを6週間摂取してもらいました。尚、それ以外の生活環境は変えないことを約束してもらっています。その結果、3人全員が異常値を示していたASTとALTはともに減少し、サプリメントによって肝機能障害が緩和されることが示唆されました。(表)

表. 『吸収型CoQ10』と『ビタミンC』配合サプリメントを6週間摂取後のASTとALTの推移

表. 『吸収型CoQ10』と『ビタミンC』配合サプリメントを6週間摂取後のASTとALTの推移

私たちは、さらに、この『吸収型CoQ10(包接体)』の肝機能改善作用について、ラットによる試験を北山ラベルス株式会社に委託し、詳細に検討しました。

SDラットを6週齢で購入し、1週間馴化し、7週齢で実験を開始しました。胆管を結紮切断して縫合することで肝機能障害を誘発し、10匹ずつ4群(①Sham群:胆管を結紮切断していない、②対照群:胆管を結紮切断し縫合している、③CoQ10CD投与群:胆管を結紮切断し縫合し吸収型CoQ10(包接体)を経口投与している、④CoQ10投与群:胆管を結紮切断し縫合し未包接のCoQ10を経口投与している)に分けて、6日後のASTとALTを測定しました。

その結果、ASTに関しては、CoQ10投与群は対照群より2倍に近い上昇が見られ、肝機能障害として悪影響しているようですが、CoQ10CD投与群は対照群の1/3にまで減少し、明確な肝機能改善作用が認められています。(図1)

図1. 手術6日後のAST

図1. 手術6日後のAST

また、ALTに関しても、CoQ10投与群は対照群より上昇が見られ、肝機能障害として悪影響しているようですが、CoQ10CD投与群は対照群と比較して、1/2以下に減少し肝機能の改善作用が認められています。(図2)

図2. 手術6日後のALT

図2. 手術6日後のALT

これから、忘年会シーズンです。肝機能に問題が生じる前に、ウコン飲料とともに『吸収型CoQ10(包接体)』とビタミンCを併用したサプリメントの摂取をお勧めします。このサプリメントはQOL(クオリティー オブ ライフ)の改善に役に立ち、しかも肝臓の保護作用が確実に期待できるものと考えられます。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら