• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

寿命延命物質と知られるレスベラトロールの美容効果とは

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
生活習慣の認知症リスク

その3. アルコール摂取量と糖尿病

このシリーズでは、生活習慣病の中でも年々患者数が増加し、問題視されている糖尿病が認知症リスクも高めることに着目しています。そして、現代では認知症も増加の一途を辿っており、生活習慣病の1つと捉えるべきであろうとしています。そして、今回から、その生活習慣の1つである食事習慣を見直していきます。

図1. 運動習慣 快眠 食事習慣 糖尿病 認知症の関係

図1. 運動習慣 快眠 食事習慣 糖尿病 認知症の関係

先ずは、アルコール摂取量について・・・・・・飲む人にとってポジティブな結果??・・・・・・・

兵庫医科大学の下村智子先生のグループの研究(Association between Alcohol Consumption and Glycemic Status in Middle-Aged Women, Tomoko Shimomura, Ichiro Wakabayashi, Can. J. Diabetes (2015))を引用させてもらいました。

結論から言うと・・・・・日本人の中年女性は飲酒習慣、つまり、お酒を飲むことで糖尿病リスクは低減するようです。

健康診断を受けた35歳から60歳までの日本人女性1万8,352人を対象とし、飲酒しない群、時々飲む群、毎日軽く飲む群(エタノール量にして日に22g以下)、毎日大量に飲む群(エタノール量にして日に22g以上)の4群に分けて、アルコール消費量と糖尿病の指標となるHbA1c値の関連を調べています。

HbA1c値は、飲酒しない群に比べて、時々飲む群、毎日軽く飲む群、毎日大量に飲む群で有意に低いことが分りました。(図2)つまり、お酒は飲むほど、HbA1cは低いことが分ったようです・・・・ん?? では、お酒は飲めば飲むほど糖尿病にならないのでしょうか?

図2. 飲酒習慣と糖尿病の関係

図2. 飲酒習慣と糖尿病の関係

では、次に、BMIとの関係です。対象の肥満状態を示すBMIを3分位(3グループに均等に分ける)すると第一3分位がBMI10.53~20.57、第二3分位がBMI20.57~23.24、そして、肥満気味あるいは肥満を意味する第三3分位がBMI23.24~55.57に分かれます。

飲酒しない群に比べ、肥満状態に関係なく、アルコールの摂取は血糖値と逆相関を示しています。(図3)ただ、肥満気味あるいは肥満を意味する第三3分位の方々の場合、毎日軽く飲む群を毎日大量に飲む群を上回っていますので、肥満の気になる方々は大量にお酒を飲むことはお勧めできない結果となっています。

図3. 飲酒習慣と糖尿病と肥満の関係

図3. 飲酒習慣と糖尿病と肥満の関係

やはり、お酒は程ほどの方が良さそうです。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら