• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

寿命延命物質と知られるレスベラトロールの美容効果とは

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

その3. 線維芽細胞の活性化でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸産生による美肌作用と軟骨再生作用

このシリーズでは、三大ヒトケミカル(CoQ10、R-αリポ酸、L-カルニチン)を摂取して、ヒトを構成している60兆個にもおよぶ様々な細胞すべてに存在するミトコンドリアを良質に維持すると、健康的なエイジング(K-エイジング)できる根拠となる論文や学術情報を紹介しています。

受精卵という細胞1個から分裂・分化を46回繰り返すとヒトを構成する60~70兆個の様々な細胞となります。その細胞1つ1つが活性を保つためには、細胞あたり数百から数千個存在するミトコンドリアが良質である必要があります。

図1. 受精卵からの細胞分裂と分化

図1. 受精卵からの細胞分裂と分化

良質のミトコンドリアを維持するためには、エネルギー産生と抗酸化作用の両面から三大ヒトケミカルが必要ですが、20才を境にそれらの生体内生産量は減少することが分っています。その生産量の減少に伴い、生体内の様々な種類の細胞も減少、あるいは、活性を失っていくことになります。そして、各種細胞の減少によって生体機能は維持できなくなり、老化現象が現われます。その2では、“病を逃れる”ための免疫細胞であるナチュラルキラーNK細胞を取りあげました。その3では、いつまでも若くハリのある肌を保つために必要な線維芽細胞を取りあげます。

シワやたるみのない肌を保つためには、各種線維を生産できる良質な線維芽細胞が必要です。線維芽細胞は真皮の幹細胞から細胞分裂と分化を繰り返して作られます。そして、その線維芽細胞ではコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質線維やヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などのプロテオグリカンという糖質の線維が生産されています。

図2. 線維芽細胞への分化と線維生成

図2. 線維芽細胞への分化と線維生成

CoQ10などの三大ヒトケミカルの体内生産量は年齢に伴って減少しますが、その生産量の減少はエネルギー代謝能力の減退を意味し、その結果、真皮内の単位面積あたりの線維芽細胞数も年齢とともに減少していきます。

図3. 年齢による真皮内線維芽細胞数の変化

図3. 年齢による真皮内線維芽細胞数の変化

そして、良質な線維芽細胞数の減少と線維生産能力の低下に伴い、真皮内のコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質線維も減少していきます。

図4. 年齢によるコラーゲンとエラスチン生産量変化

図4. 年齢によるコラーゲンとエラスチン生産量変化

コラーゲンやエラスチンは紫外線や活性酸素によってダメージを受けると弾力を失い、肌のハリもなくなるのですが、線維芽細胞に新しくコラーゲンやエラスチンを作り出すエネルギーがあれば問題ありません。しかし、ヒトケミカルの減少に伴って線維芽細胞が活性を失っていくわけです。

さらに、肌の保湿力を保つことの知られているプロテオグリカンという糖質の線維であるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の生産量も減少していきます。

図5. 年齢によるヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸生産量変化

図5. 年齢によるヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸生産量変化

一方、三大ヒトケミカルをサプリメントとして摂取するとミトコンドリアにおけるエネルギー代謝能が復活し(良質のミトコンドリアとなり)、線維芽細胞は活性化されます。その結果、コラーゲンやエラスチンの生産量は増加し、三大ヒトケミカルが最も体内で生産されていた20才代の水準となります。

実際に、肌弾力性が低い10名の女性(平均年齢47歳)を被験者に、吸収性を高めたCoQ10包接体のサプリメントを6週間摂取してもらいました。摂取前の10名の被験者の肌弾力性は、50代女性の平均よりも低くて67.8%でしたが、6週間摂取後、肌弾力性は見事に復活し、20代平均とほぼ同等の85.9%まで上昇しました。ヒトケミカルの1つであるCoQ10によって線維細胞が活性化され、肌弾力性を保つための真皮内コラーゲンとエラスチンの十分な量が生産されたためと考えられます。サンプル写真は弾力性の戻った32歳の女性ですが、弾力性だけでなく、保湿性も高まっていることがわかっていただけると思います。

図6. ヒトケミカルCoQ10摂取による肌弾力性の向上

図6. ヒトケミカルCoQ10摂取による肌弾力性の向上

サンプル写真

サンプル写真

尚、ヒトケミカル摂取による線維芽細胞の活性化による効果は、美肌作用だけではありません。コラーゲン等の線維は、骨、軟骨、血管、各種臓器等、様々な部位にとっても重要です。たとえば、ヒトケミカルであるCoQ10とともに、軟骨成分であるコラーゲンやコンドロイチン硫酸などの原料であるコラーゲンペプチドやグルコサミンを同時に摂取した場合の膝関節痛低減効果の検証を行いました。

表1. ヒトケミカルによる膝関節痛軽減効果の検証

表1. ヒトケミカルによる膝関節痛軽減効果の検証

その結果、膝の痛みの程度は、有意に値は低下し、膝関節痛の改善が認められました。(Dunnettの検定による統計解析)痛みの原因の磨り減ってしまっていた軟骨がヒトケミカルによって再生したためと考えられます。

図7. 膝の痛みの程度(VAS)の推移

図7. 膝の痛みの程度(VAS)の推移

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら