• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
筋肉増強による基礎代謝の改善

その3. 有酸素・無酸素運動と成長ホルモン

運動は、有酸素運動と無酸素運動に分けられ、ジョギング、ウォーキング、エアロビクスなど、低負荷で長時間続けられる運動が有酸素運動であり、ウエイトリフティング、短距離走など、息を止めて短時間に強い力を発揮する運動が無酸素運動です。有酸素運動のエネルギー源は糖と脂肪ですが、無酸素運動は糖だけなので無酸素運動で体脂肪は減少しないことになります。

ということは、内臓脂肪を落とすためには脂肪を燃焼する有酸素運動が必要ということになりますが、それだけではなかなか結果が出ないと感じている人も多いはずです。それは、なぜでしょうか?

前々回にも触れましたが、消費しているエネルギーの70%は基礎代謝で残りの30%が運動で消費されています。30分間のウォーキングで消費されるエネルギーは140kcalです。糖と脂肪の消費される割合は半々なので、脂肪が燃焼されるのは70kcalということになります。脂肪の量に換算すると1gが9kcalなので8gということになります。しかし、脂肪はグリセリンと脂肪酸への分解があって初めて燃焼されはじめるので、有酸素運動では分解が起こるまで時間がかかります。15分から25分の有酸素運動でやっと脂肪燃焼が始まることになります。

この分解を速めるためには『成長ホルモン』を出すことが鍵になります。『成長ホルモン』は骨や筋肉の成長を促すことが主な働きです。しかし、脂肪を分解する働きも持っているのです。『成長ホルモン』の分泌は20歳頃をピークに減少し、50代にはピークの5分の1まで減少します。実は、この『成長ホルモン』の減少が、筋肉を減らし、基礎代謝を減らし、そして、歳とともに痩せにくい身体にしていたのです。

では、どうやって歳をとっても『成長ホルモン』を出すか?

その答えは、有酸素運動の前の無酸素運動です。「無酸素運動」では確かに脂肪は消費できません。しかし、成長ホルモンが分泌されるのです。しかも、一旦出ると、その分解効果は6時間も持続するのです。事前の「無酸素運動」で有酸素運動を始めて僅か数分で脂肪燃焼が起こることが知られています。

つまり、運動の仕方を工夫すれば、効率よく、『成長ホルモン分泌』→『脂肪燃焼』→『筋肉増強』→『基礎代謝改善』と繋がり、いつまでも若い身体を保てることになります。

毎日の無酸素運動(20分)の後の有酸素運動(30分)とともに、脂肪燃焼効果の知られているL-カルニチンを摂取すると、さらに効率的な『内臓脂肪減少』が期待できます。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら