• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
スクロース摂取時の血糖値変化に対するαシクロデキストリンとアラビノースの併用効果

for English page

※本研究は神戸大学、神戸女子大学および京都薬科大学の協力のもとで行われ、研究成果は2014年9月12日(金)、第31回シクロデキストリンシンポジウム(9/11~12、島根県民会館(島根)にて開催)において発表されました。

背景

 当社ではシクロデキストリン(CD)の包接機能を利用して、機能性成分の水溶性、安定化、バイオアベイラビリティなどを向上させる技術を有しております。それらの成果は化粧品、食品等の様々な分野で広く利用されています。αCDは水に良く溶け、体内の消化酵素で分解されないことから、水溶性食物繊維として摂取することができます。当社の検討からもαCD摂取による抗メタボリックシンドローム効果や整腸作用、抗アレルギー作用が示されています(※詳しくは、当社ホームページの最新研究成果「第16回第42回第44回および第50回 」を参照して下さい。)。

ヒトで確認されているαCDの機能性

  1. 抗メタボリックシンドローム
    中性脂肪, コレステロール低減効果
    血糖値上昇抑制効果
  2. 整腸作用
  3. 抗アレルギー効果
    アトピー性皮膚炎, アレルギー性鼻炎, 気管支喘息

本研究

最新研究成果第42回「αCDのスクロースによる血糖値上昇抑制効果」では、αCDがスクロース消化酵素を阻害していることが示唆される結果が得られています。我々はこの阻害のメカニズムが競合阻害であると考えています。
本研究ではスクロース摂取後の血糖値の上昇をより効率よく抑制すること期待し、非競合的にスクロース消化酵素を阻害することが知られているアラビノースとαCDとの併用効果について検討した結果を報告します。

実験:スクロース負荷試験_アラビノースとαCDとの併用

一晩絶食させたddYマウスにサンプルをそれぞれ経口投与した。
0、15、30、60、90、120分後に尾静脈から採血し、血清中の血糖値を測定した。

結果

<Fig1> A:スクロース摂取後の血糖値(BGL)の変化およびB:血糖上昇曲線下面積(AUC)

Control群と比較すると、Ara群は有意に血糖値の上昇を抑制しました。また、Ara+CD群ではAra群と比較して血糖値の上昇をさらに有意に抑制しました。

まとめ

本検討からスクロース摂取後の効果的な血糖値上昇抑制において、αCDとアラビノースとの併用が有用であることが示されました。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら