• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
脳機能改善のための栄養素について

その4. アルツハイマー型認知症予防とその栄養素

このシリーズの、その1.の総論でも認知症とその予防にn-3不飽和脂肪酸が有効であることについては述べていますが、ここでは、その中でもアルツハイマー型認知症に焦点をあて、最近見出された知見をもう少し詳しくみていきましょう。

世界の認知症患者は、約4,000万人でその約半数がアルツハイマー型認知症と推定されています。このアルツハイマー型認知症は脳の広い範囲で神経細胞が死滅し、その結果、脳が委縮して記憶障害や認知障害が徐々に進行し、寝たきりとなって、やがて死亡していくという、本人とともにその家族にとっても不幸な疾患です。たとえば、ごく最近のニュースでも認知症患者が列車にはねられる鉄道事故の報道がありました。2012年度までの8年間で149件あり、事故後、鉄道会社がダイヤの乱れなどで生じた損害を遺族に賠償請求していたことも判明しています。当事者に責任能力がないとみられる事故で、どう安全対策を図り、誰が損害について負担すべきか、超高齢社会に新たな課題が浮上しています。このような背景からこの疾患に対する有効な治療法や予防法の開発が緊急課題となっています。

現在、アルツハイマー型認知症発症メカニズムに関しては、脳のアミロイドβ蛋白(Aβ)を主成分とするアミロイド斑(老人斑)の蓄積によるアミロイド仮説が最も多くの研究者によって支持されています。(コラム参照)この老人斑は40歳前後から脳に少しずつ蓄積し、加齢とともに蓄積量は増加していき、80歳以上の高齢者の70%以上に老人斑は認められるようになります。最近、この老人斑で評価できるアルツハイマー病モデルマウスが開発され、そのモデル動物による研究が行われています。その結果、カロリー制限、運動、そして、幾つかの栄養素の摂取による疾患の改善がみられています。

先ずは、カロリー制限です。Patelらによる報告(Neurobiology of Aging,2005)があります。4ヶ月齢のアルツハイマー病モデルマウスを6週間、通常食の40%カロリーを制限して飼育したところ、モデルマウス脳皮質における老人斑面積は3分の1に減少していました。一方で、カロリー制限とは反対に通常食に対するカロリー比110%の高脂肪食を与えたところ老人斑は2倍に増加していることが判明しています。(図1)

図1. アルツハイマー病モデルマウスにカロリー制限食と高脂肪食 を与えた際の老人斑面積の変化
(文献より引用改変)

次に、運動です。Adlardらによる報告(J. Neurosci., 2005)があります。ランニングホイールを摂り付けたケージでアルツハイマー病モデルマウスを5ヶ月間飼育したところ、大脳皮質の老人斑は52%減少していたことが判明しています。(図2)

図2. アルツハイマー病モデルマウスの運動による老人斑の減少(文献より引用改変)

そして、特に紹介したいのが栄養素摂取による老人斑の減少効果です。魚油やクリルオイルに含まれるn3-不飽和脂肪酸DHAの効果については、前々回と前回で詳しく説明していきますので、ここでは、もう一つ注目されているクルクミンの効果について紹介します。Yangらによる報告(J. Neurosci., 2005)によると、17ヶ月齢のアルツハイマー病モデルマウスにクルクミン500ppmを混ぜた餌を与え5ヶ月間飼育したところ、22ヶ月齢時のマウスの老人斑面積は17ヶ月齢時のマウスの老人斑面積に比べ、何と30%も減少していました。(図3)この他、米糠から抽出されるフェルラ酸、ワインに含まれるレスベラトロール、アントシアニン、カテキン、そして、トコトリエノールなど幾つかの抗酸化物質にも老人斑減少効果が確認されたとの報告があります。

図3. アルツハイマー病モデルマウスにクルクミンを含有する餌を与えて飼育した際の老人斑面積の減少
(文献より引用改変)

コラム

アミロイド仮説とは・・・・神経細胞でアミロイド前駆体タンパク質(APP)からセレクターゼ(切断酵素)によってアミロイドβ(Aβ)が作られる。長い年月を経て、Aβは凝集し、老人斑となる。老人斑の神経毒性によって神経細胞は神経伝達機能に障害を生じ、やがて死滅していく。そして、アルツハイマー病が発生する。(図4)

図4. アミロイド仮説(老人斑の形成とアルツハイマー病の発症)

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら