• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

その6. 骨の健康のために

このシリーズでは、ヒト臨床試験や動物試験などの検討を通じ、『吸収型CoQ10(包接体)』と『ビタミンC』の併用サプリメント摂取によって得られた科学的根拠を紹介しています。

今回は、骨密度が同年齢の平均値と比較して低く骨量が減少し骨粗鬆症予備軍と診断された方々、5名を対象にした『吸収型CoQ10(包接体)』と『ビタミンC』の併用サプリメントによる骨密度上昇作用の検証データについて紹介します。

・・・・・と、その前に、骨について、少し勉強しておきましょう。尚、骨の健康に関して既に取り上げた情報もありますので下記をご参照ください。

骨の健康について【その1】圧迫骨折はコラーゲンの悪玉架橋が原因

骨の健康について【その2】骨粗鬆症は老人の病気か?

【その1】では悪玉架橋を防ぐためにR-αリポ酸の有効性、【その2】では女性ホルモンの減少による骨粗鬆症予防のためのイソフラボンの有効性を紹介しています。

皆さんは、現在、動く喜び、動ける幸せを感じていますか?・・・・・動けなくなって、あるいは、動き辛くなってはじめてスムーズに動けることがどんなに幸せなことか分かるともいいますが・・・・・

体を動かす骨や関節、筋肉などの“運動器”は、使わなければすぐに衰え、無理がかかると故障していまいます。では、元気な“運動器”、骨を作るためには??

人の体を支える骨は206本でできていて、体の支持内蔵の保護運動の3つの働きを持っています。

元気な骨は軽くて丈夫、骨は中空ですので全重量はわずか9kgです。中には骨髄が入っています。骨は人体を支える骨組みを作っていて、なめらかな運動ができるように、多くの関節とじん帯とで結ばれています。

では、骨の量がどのくらい減ると骨折がおこると思われますか?

骨粗鬆症になると骨折を起こしやすくなります。その意味では30%以上骨量が減ると危険な状態といえます。なお、すでに骨折(外傷性以外の骨折)がある場合は、20%以上の骨量減少で骨粗鬆症と診断されます。また、痛みがなくても背が1年間に1cm 以上短縮した場合は骨量測定の必要があるのです。

骨の健康の鍵を握っているのはカルシウム・・・・・・・

骨格は体の発育に合わせて、古い骨を吸収する(カルシウムを溶かす)破骨細胞と新しい骨を作り出す(カルシウムを分泌する)骨芽細胞のチームプレーによって作り変えられ成長していき、2年半ですべて入れ替わります。

骨はカルシウムの貯蔵庫です・・・・・・・・・・

35億年前に生命はカルシウムの豊富な海で誕生しました。

カルシウムは細胞の増殖・分化・運動・分泌といった生命の維持になくてはならない物質なのです。そして、骨は人体の持つカルシウムのなんと99%を貯蔵しているのです。体重60kgの成人で1kgの貯蔵量となります。

そして、そのカルシウムを保持する為には骨のもう一つの重要成分であるコラーゲンが重要な役割を持っているのです。

コラーゲンの産生・維持に関しては、既に肌の真皮において吸収型CoQ10(包接体)とビタミンCの併用摂取が線維芽細胞の活性化に有効であることはこのシリーズ【ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について】の(その2)で紹介しました。そこで、ここでは、同様に吸収型CoQ10(包接体)とビタミンCが骨芽細胞を活性化してコラーゲン生成を促すことで骨量が減少している骨粗鬆症予備軍の方の骨密度は改善するか?との検証を行った結果を紹介します。

まず、吸収型CoQ10(包接体)を150mg(CoQ10含量として30mg)とビタミンCを150mg含むサプリメントを骨量が同年代比較で83%のNKさん(79歳の女性)に毎日摂取してもらい摂取前と4ヵ月後の骨密度を評価しました。尚、試験実施者は神戸市の中野クリニック医院長の中野正人医師です。その結果、骨密度の上昇が確認され、同年代比較で94%まで回復していました。(表1. 図1.)

表1. 骨塩定量検査結果 N.K(79歳女性)

表1. 骨塩定量検査結果 N.K(79歳女性)

図1. 吸収型Q10(包接体)とビタミンCを配合したサプリメント摂取による骨密度の変化(その1)

図1. 吸収型Q10(包接体)とビタミンCを配合したサプリメント摂取による骨密度の変化(その1)
N.K(79歳女性)

同様に、同年代と比較して骨密度の低下しているYNさん(64才男性)とHOさん(70才女性)にも6ヶ月間、吸収型CoQ10+VCのサプリメントを毎日摂取してもらったところ、摂取3ヶ月後位までは逆に低下したのですが、その後、6ヶ月後には同年齢の平均値まで二人とも上昇するという興味深い結果が得られました。(図2)

図2. 吸収型Q10(包接体)とビタミンCを配合したサプリメント摂取による骨密度の変化(その2)

図2. 吸収型Q10(包接体)とビタミンCを配合したサプリメント摂取による骨密度の変化(その2)

さらに、骨密度が同年代比較で86%のKIさん(65才女性)と同年代比較で72%のTOさん(74才女性)にも長期にわたって摂取してもらい、骨密度の変化をみました。(図3)

図3. 吸収型Q10(包接体)とビタミンCを配合したサプリメント摂取による骨密度の変化(その3)

図3. 吸収型Q10(包接体)とビタミンCを配合したサプリメント摂取による骨密度の変化(その3)

被験者のKIさんは、サプリメントを摂取して10ヶ月後には、骨密度は5%以上、上昇していました。右足は途中からの測定ですがやはり上昇傾向にありました。

被験者のTOさんはサプリメントを摂取しはじめて半年の間はUPとDOWNを繰り返したものの、半年後の段階で10%以上骨密度は上昇しており、さらに上昇傾向にあります。

以上のように、被験者5名とも骨密度の上昇が確認されました。吸収型CoQ10(包接体)とビタミンCを併用して摂取することでコラーゲン産生によってカルシウムが保持できるようになったためと考えられます。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら