• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーとオーストラリアンハニー

マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
サイクロパワーマヌカハニー

その5. 抗炎症作用

サイクロパワーマヌカハニーのシリーズ第5弾です。その1.では、黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌、ヘリコバクター・ピロリ菌に対するサイクロパワーマヌカハニーのすばらしい抗菌作用、その2.では、女性の更年期障害のモデルマウスを用いたサイクロパワーマヌカハニーによるに健康増進作用である骨粗鬆症予防効果と抗メタボ効果、そして、その3.では、サイクロパワーマヌカハニーによる腸内環境を左右する善玉菌と悪玉菌の増減による腸内環境改善作用、その4では美容効果を紹介しました。

今回はサイクロパワーマヌカハニーの抗炎症作用について紹介します。

でもその前に、炎症についての基礎知識を簡単にわかりやすく説明しておきます・・・・・・・

ピロリ菌感染を例とってみましょう。ピロリ菌が胃の粘膜に感染すると炎症が起こります。感染が続くと、胃粘膜の感染部位は広がり、やがて胃粘膜全体に広がり、慢性胃炎となります。この胃炎は、その後、胃潰瘍、胃がんと進行していく大変な炎症です。

このようなピロリ菌などの細菌やウイルス(異物)が体内に侵入しようとした際、炎症性サイトカインという物質が大量に生産され、これらの異物を取り除くために働きます。しかし、この炎症性サイトカインという物質が炎症を引き起こすというわけです。

炎症性サイトカインのなかでも代表的な物質がTNF-α(腫瘍壊死因子)です。文字通り、腫瘍を攻撃する物質ですので、私たちの体にとっては重要な物質です。

関節リウマチ患者の関節を調べるとTNF-αが炎症の原因物質として通常より増えています。TNF-αは関節の痛みや腫れの原因だけではなく、他の炎症性サイトカインも作り、さらにリウマチを悪化させる作用もあるのです。そこで、TNF-αの産生を抑制できれば炎症も治まることになるわけです。

と、炎症とその原因物質のお話でした・・・・・・・

マヌカハニーには抗炎症効果があります。そして、その抗炎症効果には、マヌカハニーにMGOとともに特別に含まれているシリング酸メチルという抗酸化物質が関与しているのではないかと考えられています。

マヌカハニーには図1で示すように、アカシア蜂蜜などの一般の蜂蜜には含まれていない抗酸化物質のシリング酸メチルが含まれています。

図1. シリング酸メチルはマヌカハニーの特異的成分

図1. シリング酸メチルはマヌカハニーの特異的成分

そのため、抗酸化活性の指標となるラジカル消去活性もアカシア蜂蜜に比べ、高いことがDPPHラジカル消去活性評価法を用いて明かとなっています。(図2と図3)

図2.ハチミツのラジカル消去活性の比較

図2. ハチミツのラジカル消去活性の比較

図3. ハチミツのDPPHラジカル消去活性の比較

図3. ハチミツのDPPHラジカル消去活性の比較

評価法に関しては図4をご参照ください。

図4. DPPH水溶液の色変化

図4. DPPH水溶液の色変化

そこで、シリング酸メチルを含むマヌカハニーとサイクロパワーマヌカハニーの抗炎症作用を調べるために、炎症性サイトカインの代表であるTNF-αを産生抑制について検討しています。

図5に示すように、活性化中好性白血球(24時間37℃で培養)においてMGO400マヌカハニーにもTNF-αの抑制作用は観られますが、サイクロパワーには、さらに、効果的なTNF-αの産生抑制作用のあることが判明しました。

図5. サイクロパワーのTNF-α産生抑制作用

図5. サイクロパワーのTNF-α産生抑制作用

尚、TNF-αには骨吸収促進作用(骨を壊す作用)のあることが知られていますので、このTNF-α産生抑制作用もこのシリーズでお話しています骨粗鬆症予防効果の理由の1つと思われます。

サイクロパワーでTNF-αの産生抑制作用が向上した理由として、シリング酸メチルのバイオアベイラビリティ(生体利用能)がαシクロデキストリンによる包接によって向上したものと考えられます。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら