• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ

マヌカハニーはプロポリスを超えられる?

CoQ10が白血球に与える影響について

筋肉増強による基礎代謝の改善

マヌカハニーを摂取するとなぜ腸内環境が改善されるのか?

スキンケアのための科学

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

ヒトケミカルとフィトケミカルでケイジング ~老いないカラダを作る~

ヘビースモーカー・ヘビードリンカーのためのL-シスチン配合サプリ

オリーブから生まれた抗酸化物質HTS、ヘアケアで注目!

ヒトケミカルで健康的なエイジング、K-エイジング

サイクロパワーマヌカハニー

生活習慣の認知症リスク

見事に“脂肪の吸収を抑える”スーパー難消化性デキストリン

糖尿病患者の認知症リスク

新食物繊維αシクロデキストリンの力 ― GI低減作用…蜂蜜の王様マヌカハニーのGI値が緑黄色野菜や海藻レベルまで下がる!

米ぬか成分のフェルラ酸による日焼け止め作用とシクロデキストリンによる効能改善

ヨモギ草餅 ~語り継がれる日本人の知恵~ そして、ヨモギの効能を高める最新のαシクロデキストリンを用いたパワーアップ技術とは

緑の香り(青葉アルコール)のシクロデキストリン水溶液による脳内機能改善

αリポ酸の低血糖症の発症原因の解明 ~ラセミ体に含まれるS体~

脂肪酸の種類と健康への影響

ほんとに注目すべきは『吸収型CoQ10』!について

アレルギー疾患に対する難消化性デキストリンの効果

気分の落ち込みをサポートする元気サプリSAMeとは

還元型クルクミン

体力に劣る日本人アスリートが知るべきスポーツ栄養学

精力維持と増強のための機能性素材

活性酸素の種類と活性酸素消去のための抗酸化物質について

酸化と還元、活性酸素と抗酸化物質、そして酸化型CoQ10と還元型CoQ10

脳機能改善のための栄養素について

今、シクロケムが注目していること
サイクロパワーマヌカハニー

その6. 低GI食品

サイクロパワーマヌカハニーのシリーズ第6弾です。このシリーズ、その1.では、黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌、ヘリコバクター・ピロリ菌に対するサイクロパワーマヌカハニーのすばらしい抗菌作用、その2.では、女性の更年期障害のモデルマウスを用いたサイクロパワーマヌカハニーによるに健康増進作用である骨粗鬆症予防効果と抗メタボ効果、そして、その3.では、サイクロパワーマヌカハニーによる腸内環境を左右する善玉菌と悪玉菌の増減による腸内環境改善作用、その4.では、美容効果、その5.では、抗酸化物質であるシリング酸メチルの抗作用と抗炎症作用について説明してきました。

最終回の今回は、サイクロパワーマヌカハニーの低GI値について紹介します。

恒例で、その前に、GI値についての基礎知識、簡単にわかりやすく説明しておきます・・・・・・・

GI値とは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)値の略です。食後の血糖値の上昇度を示す指標、つまり、食品中の炭水化物の吸収されやすさを表す指標として使われている値です。摂取2時間後までに血液中に入るグルコースの量を測ったものです。

GI値は図1に示すように、食後の血中グルコースの変化において測定開始時のラインから上の曲線下面積の比に100を乗じたもので定義しています。ブドウ糖が基準食品で、GI値は100です。血糖値の変化は個人差や日毎に変動があるために10名~12名の被験者に対して複数回測定することが国際基準として推奨されています。

図1. 食後血中グルコース変化

図1. 食後血中グルコース変化

2003年、WHOから『肥満、2型糖尿病の発症リスクを低GI食品が低減させる』という論文が発表されたことから、その後、多くの研究者が注目し、食品メーカーも食物繊維が多く、エネルギー密度の少ない、低GI食品の開発が進められるようになりました。

今や低GI食品は、現代人に急増している肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームの予防と改善の観点からも見直されるようになっています。

そのような中、GI値を低減できる食物繊維として、難消化性デキストリン(難デキ)が注目されています。食品や飲料に難デキを5g加えると『糖の吸収を抑える』や『脂肪の吸収を抑える』などと表示できることから、機能性表示食品の開発には多くの食品メーカーが採用しています。

難デキの中でも、αシクロデキストリンという特別な“スーパー難消化性デキストリン(スーパー難デキ)”があります。このスーパー難デキは5gでなくて、2gで同様な効果(血糖値上昇抑制、中性脂肪、コレステロール低減)が得られるのです。

通常の難デキは、主食を摂った時の炭水化物に含まれるデンプンからのグルコースの吸収阻害をしてくれるのですが、このスーパー難デキはデンプンだけではなく、間食に、砂糖の多く含まれる甘いものを摂った時にも、砂糖からのグルコースの吸収阻害をしてくれるのです。つまり、主食、間食、どちらの場合にも血糖値上昇抑制効果を持っているのです。(図2)

図2. αCDによるデンプンと砂糖からのグルコース吸収阻害作用

図2. αCDによるデンプンと砂糖からのグルコース吸収阻害作用

そのスーパー難デキであるαシクロデキストリンとマヌカハニーを組み合わせたサイクロパワーマヌカハニーのGI値がニュージーランドのOtago大学で測定されました。

一般のはちみつのGI値は84であり、高GI食品(70以上)のカテゴリーに入るのですが、マヌカハニーはGI値65であり、中GI食品(56~69)です。でも、低GI食品(55以下)ではありません。しかし、αCDと組み合わせたサイクロパワーのGI値はなんと18でした。(図3)

図3. サイクロパワーのグリセミックインデックス

図3. サイクロパワーのグリセミックインデックス

このGI値は大豆、きのこ、海藻、緑黄色野菜といった食品と同等の最も低いGI値の食品のカテゴリーに入っています。(図4)

図4. 各食品のグリセミック・インデックス(GI値)

図4. 各食品のグリセミック・インデックス(GI値)

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら