ヒトケミカルで健康的にエイジング

ヒトケミカルとは?

ヒトケミカルとは、ヒトの生体内で作られている生体を維持するための機能性成分です。
ヒトは60兆個の細胞で成り立っていますが、その1つ1つの細胞のエネルギーはこのミトコンドリアで作られています。ヒトケミカルはもともと体の中で作られる成分で、ミトコンドリアのエネルギー産生に関与しています。ヒトケミカルの代表的な成分に、L-カルニチン、コエンザイムQ10、R-αリポ酸があります。

ヒトケミカルの役割

ミトコンドリアでは、食事で摂取する糖質や脂質を取り込み、ATPというエネルギーが作られています。ヒトケミカルは、エネルギーの素となる、糖質や脂質の取り込み、エネルギー産生のサポート、エネルギー産生で生まれた活性酸素の除去とミトコンドリアの活動になくてはならない機能成分です。

ヒトケミカルで健康的にエイジング

エネルギーを生産するために取り込まれた酸素の数%は、ミトコンドリア内で活性酸素やフリーラジカルに変化し、ミトコンドリア内のDNAが損傷したり、ミトコンドリアの機能が低下します。
活性酸素はヒトケミカルのR-αリポ酸とCoQ10が除去しています。しかし、ヒトケミカルの生体内生産量は20才を境に減少するため、漏れ出す活性酸素が増えてしまいます。エネルギー産生による疲労回復と活性酸素除去による老化防止のためにもヒトケミカルを積極的に補い、健康的なエイジング(K-エイジング)を目指しましょう。

3大ヒトケミカル

ヒトケミカルの中でもシクロケムが注目している3つの成分、L-カルニチン、CoQ10、R-αリポ酸です。

ヒトケミカルとヒトケミカルの組み合わせ

3大ヒトケミカルは、個々に摂取しても良いですが、それぞれを組み合わせることで、より高い生理活性作用が得られることが知られております。

ヒトケミカル関連書籍

寺尾 啓二 著

本当は健康寿命が短い
日本人の体質

宝島社出版
定価:1,300円+税

ヒトのエネルギー産生に必要な成分、ヒトケミカルと健康寿命にまつわる最新情報を掲載しております。

全国書店で販売中!

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら